読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~~FREE LANCE CLUB~~

【『好きなこと』を『好きなように』仕事にしたい。大好きな芸術で生きていく】遅刻の数だけが一番だったダメ男が『好きを仕事』にするフリーランスになるまで

ホーム プロフィール 事業内容 活動内容 セミナー ゆかいな仲間たち

自分勝手は死んでほしい

 

うたです。

 

 

あなたは周りにこんな人はいないでしょうか?

 

 

いつも鈍くさくて正直迷惑

あなたの邪魔ばかりする

何故か見下してしまう

 

 

 

んな風に思う人がいる人は

 

 

 

要注意です。

 

 

なぜか?

 

 

この人が鈍くさく、イジワルで

脳なしに見えてしまうのは

 

 

実はあなたが原因だからです。

 

 

このままにしておくと

そのあなたが苦手な彼は

 

 

一生あなたの足を引っ張ります。

 

 

あなたはどの環境でも

結果を出すことが出来ません。

 

 

仕事ならば当たり前ですが

出世はできません。

 

 

といって、苦手な人を

なだめすかすのではだめです。

 

 

わざと気に入られようと

優しくしても、余計嫌われるだけです。

 

 

『意図は伝わります。』

 

 

あなたが相手をうまく

丸め込もうとしていることは

 

 

実は相手も敏感に察知しているのです。

 

 

例えば喧嘩したカップルを

想像してほしいですが

 

 

納得しないうちに「ごめん」と謝っても

 

 

絶対に相手は許してくれません。

 

 

ただ、自分が相手のことを本気で受け入れていて

「ごめんと謝ると」すんなり仲直りできたりします。

 

 

これは相手に

意図が伝わっているから

 

この違いについてをアービンジャーは

「箱の中から話しているから」と述べています。

 

 

人間関係をうまくするには

相手を思いやらなければいけません。

 

 

あなたが考えなくてはいけないのは

相手がどう思うかです。

 

 

しかし多くの人は

相手にとって自分がどう見えるか。

ということを一番に考えてしまいます。

 

 

ご飯をおごろうが、飲みに誘おうが

うまく丸め込んで自分に従わせようという

 

 

醜い意図が見えている限り

相手は一生あなたに反発し続けます。

 

 

手を思いやるとは

口で言うと簡単ですが

 

 

意外に多くの人が

相手を思いやってるように

 

 

見せかけようとしているのです。

 

 

人間はその意図を見抜きます。

 

 

人を思いやるためにはまずは

人に興味を持たなくてはなりません。

 

 

なたは人に興味を持てていますか??

 

 

1つ実験をしてみましょう。

 

 

あなたは少なくとも

関わっている団体のすべての

人の名前を言えますか?

 

 

僕の中で、少なくとも

名前を憶えないことは

 

 

相手に興味がない、

ということで

 

 

相手を思いやっていないと思います。

 

 

なので、誰か身の回りにいつもあなたに

反発してくる人がいたら

 

 

それはあなた自身の問題かもしれません。

 

 

まずは周りの人の名前を

覚えることから始めてみましょう。