読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~~FREE LANCE CLUB~~

【『好きなこと』を『好きなように』仕事にしたい。大好きな芸術で生きていく】遅刻の数だけが一番だったダメ男が『好きを仕事』にするフリーランスになるまで

ホーム プロフィール 事業内容 活動内容 セミナー ゆかいな仲間たち

【悲痛を脳裏に刻まれる】 ~昨晩は5回も〝掘られました〟~

うたです。

 

 

仕事が計画通りに進まずに

 

 

結局計画を無視して

だらだらと

やってしまう経験があるでしょうか?

 

f:id:artcafebehoma:20170407123833j:plain

 

自分に自信がなくなりますし、

上司の評価も

よくありませんね。

 

 

仕事の段取りが下手な人は

信用を失います。

 

 

『なぜを掘り下げましょう。』

 

f:id:artcafebehoma:20170407123933p:plain

 

 

そうすることで

問題が明確化し

改善点がわかります。

 

 

これはトヨタカイゼンと呼ばれ

柳沢義春さんが

著書で話していたのですが

 

f:id:artcafebehoma:20170407124044j:plain

画像は(http://www.toyota.co.jp/)を参考

 

元々はトヨタ

問題解決のため

実際に使われていたメソッドです。

 

 

例えば、

「納期が間に合わない」

という問題があった時

 

f:id:artcafebehoma:20170407124233p:plain

 

〝なぜ〟

納期が間に合わないのか

を考えるのです。

 

 

そうすると

「仕事を後回しにするから」

 

f:id:artcafebehoma:20170407124417j:plain

 

というように

別の問題が出てくるのです。

 

 

これを繰り返していきます。

 

 

 

うすることで

問題をどのように

改善すればいいのかがわかるのです。

 

f:id:artcafebehoma:20170109081240j:plain

 

 

 

えば

「納期が間に合わない」

という問題なら

 

 

「納期が間に合わない」

 

 

なぜ?

 

 

「仕事を

後回しにするから」

 

 

なぜ?

 

 

「自分の手に

負えそうにないから」

 

 

なぜ?

 

 

「その仕事を

こなすだけの

スキルがないから」

 

 

なぜ?

 

 

スキルアップ

ために努力を

していないから」

 

 

なぜ?

 

 

「時間がないから」

 

 

 

というように

「時間がないから」

思っているという問題が

新しく出てくるのです。

 

 

f:id:artcafebehoma:20170407125136p:plain

 

ここからそのための

改善策を考えていきます。

 

 

えば

「その仕事をこなすだけの

スキルがないから」

 

 

 

スキルがある人に

仕事を手伝ってもらう

 

 

f:id:artcafebehoma:20170407125411j:plain

 画像は(『頼りになる』って英語でなんていうの? | 外資系企業で働く英語力)を参考

 

というような

改善策を考えること

が出来ます

 

 

 

「時間がないから」

ということから

 

 

スキルアップ

為の時間を捻出する」

という考えになり

具体的に何をすればいいか

 

f:id:artcafebehoma:20170407125852j:plain

 

 

というように、

考えるステージが

あがります。

 

 

トヨタカイゼン

とても使えるテクニックです。

 

 

 

 

回の記事を読んで

使えるな

思ったあなたはぜひ

 

f:id:artcafebehoma:20170407130019j:plain

 

紙とペンを取り出して

トヨタカイゼン

問題を考えてみてください。

 

 

もし考える問題が

わからないという人は

トヨタカイゼン

 

f:id:artcafebehoma:20170407130133j:plain

 

7回書くだけで

あなたの頭にしっかり

 

 

次の仕事の時は

忘れずに

実行できるようになります。

 

f:id:artcafebehoma:20170204193714j:plain

 

仕事を効率化して

出来る男に

なりましょう。

 

 

読んでいただき

ありがとうございました。